JR岡山駅前にある美しい歯並びと素敵な笑顔を目指す歯科医院です

乱ぐい歯/開咬

乱ぐい歯/開咬

歯並びがデコボコになったり、重なり合って生えている状態をいいます。
アゴと歯の大きさの不調和のため、アゴにすべての歯が収まりきらず八重歯になったり、ねじれて生えてしまいます。

歯と歯が重なり合っている為、歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になりやすい傾向があります。


乱ぐい歯(叢生)治療(1)

治療前
写真 写真 写真

治療後
写真 写真 写真


乱ぐい歯(叢生)治療(2)

治療前

咬み合わせが悪く口を閉じた時に、下あごに緊張が見られます。

写真 写真

治療後

咬み合わせも整い、すてきな口元になりました。

写真 写真


乱ぐい歯(叢生)治療(3)

治療前

写真
写真

治療後

写真
写真


前歯が噛み合っていない(開咬)

奥歯は噛み合っているのに前歯だけが噛み合わず、常に前歯が開いている状態をいいます。 前歯で食べ物を上手く噛めず常に奥歯で噛み砕くために奥歯に必要以上の負担がかかり、歯やアゴの関節を痛めてしまうことがあります。

なかには、食べ物をうまく飲み込むことができず、胃腸障害を引き起こすこともあります。 口の中が乾燥しやすいため虫歯や歯周病のリスクが高まる、前歯の間から空気が漏れてしまうため上手く発音できない、などのデメリットがあります。

子供の頃からの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因ともなります。


開咬治療(1)

治療前

はえかわりの途中で、前歯は永久歯です。咬んでも前歯が開いてる状態です。舌をつきだす癖がついてしまい、喋り方が舌足らずです。

写真 写真

治療後

舌をつきだす癖もなくなったので、ひきしまった口元になりました。

写真 写真


開咬治療(2)

治療前
写真 写真 写真

治療後
写真 写真 写真

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional